忘れてならぬ日本の心

女性にとってある種共通の夢であるともいえる、結婚をするということ。
いざこれが叶うにあたっては、結婚式を考えて主催することが定番です。
別にやってもやらないでもいいのが結婚式だという考え方も生まれてきていますが、やはりそこは責任問題も有り、結婚式を行うことは重要だといわれます。
また、新婦にとっては結婚式というものは憧れだといえます。
これからずっと障害を共にして、家のことを任せっきりになるかも知れず、いろんな景色を共に見るにあたって負担ばかりかけるかもしれない相手、それが新婦です。
それだけの負担を強いることになるからには、夢の一つぐらいは叶えてやらねば男がすたるというものです。
さらに、結婚式を行うことによって、お互いの家族や関係者に意思表明、そして紹介をする役割も持っているのが結婚式です。
だからこそ、それを行わないメリットよりも、行なうメリットと意味のほうが大きいです。

もしも式を開くのならば、和婚の形式で和装と神前式を取り入れるのはひとつの選択肢です。
ウェディングドレスを来てセレモニーをして、というありきたりな展開、それに辟易している人にとっては特に和装で神前式を行なう和婚は手を出しやすいといえます。
また、人と同じは嫌だ、という人にとっても和婚による神前式と和装は良い意味で変化球になります。
日本人だからこそ、日本で結婚するからこそ、和婚という形式は生えるものですし、意味があるといえます。
神前式と和装を選択肢の一つに入れてみることは、結婚式のプランニングに彩りを与えてくれるといえます。

イチ押しリンク

京都で和婚をしたいならこちらのサロンがおすすめです:雅ゆき
神前式で自分らしい結婚式をしませんか?:神前式ナビin東京